実存思想論集  25 (実存の美学)

実存思想協会 編

[目次]

  • 「第五の狂」としての美的実存
  • 「華やぐ知恵」と肯定の思想-ニーチェの美学=感性論と哲学のドラマ
  • 実存の美学-"ネオ・エステティズモ"のデザインの試み
  • 日本古代における"実存の美学"-折口信夫の古代学を手がかりに
  • 「美しいものが巨怪なものに対して勝利を収めるとき」-ニーチェ『人間的、あまりに人間的』第2巻における「偉大な様式」の考察
  • ヤスパース形而上学と「希望の力」
  • 創造的決断と規則遵守のあいだ-ウィトゲンシュタインは実存主義者か
  • ジャンケレヴィッチにおける事後性の問題-倦怠・混沌・現実化
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実存思想論集
著作者等 実存思想協会
書名ヨミ ジツゾン シソウ ロンシュウ
書名別名 実存の美学
巻冊次 25 (実存の美学)
出版元 理想社
刊行年月 2010.7
ページ数 215, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-650-00305-5
NCID BB02662878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21802833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想