日本の教育格差

橘木俊詔 著

所得格差が広がるなか、教育の機会が不平等化している。高学歴を目指して塾や私立学校が隆盛する一方、経済的理由で学校を中退する者も目立つ。格差問題の第一人者である著者が豊富なデータによって、親の所得の影響、公立・私立の差、学歴と進路の関係など、教育をめぐる格差の実態を検証。教育の役割や意義を問い直し、打開策を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学歴社会の実相-「三極化」の進行
  • 第2章 家庭環境の影響力をどうみるか
  • 第3章 学校教育の進展と新たな格差
  • 第4章 不平等化する日本の教育-家計負担が増加するなかで
  • 第5章 教育の役割を問う
  • 終章 教育格差をどうするか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の教育格差
著作者等 橘木 俊詔
書名ヨミ ニホン ノ キョウイク カクサ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1258
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.7
ページ数 240, 4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431258-1
NCID BB02659680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21811606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想