十七歳の自閉症裁判 : 寝屋川事件の遺したもの

佐藤幹夫 著

二〇〇五年二月、大阪の小学校で教師殺傷事件が起きた。犯人は対人関係にハンディキャップのある十七歳の少年。「凶悪不可解な少年事件」に少年審判や刑事司法はいかに向き合ったか。動機や責任能力をめぐり精神医学が直面した難問とは何か。真の贖罪・更生には何が必要か。綿密な取材から描く迫真のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 診断名をつけて一件落着、ではない
  • 第1章 その日、小学校で起こったこと-事件
  • 第2章 「ずっと辛かった、不安がぬぐいきれなかった」-加害少年の一七年
  • 第3章 家裁はなぜ検察に送致したのか-審判から刑事法廷へ
  • 第4章 心からの謝罪とは-供述
  • 第5章 司法と精神医学が抱えた難問-責任能力と処遇
  • 第6章 刑罰も治療も-判決
  • おわりに まずは社会的な受け皿の整備こそ-「刑罰か保護処分か」という問いを超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十七歳の自閉症裁判 : 寝屋川事件の遺したもの
著作者等 佐藤 幹夫
書名ヨミ 17サイ ノ ジヘイショウ サイバン : ネヤガワ ジケン ノ ノコシタ モノ
書名別名 裁かれた罪裁けなかった「こころ」

17sai no jiheisho saiban
シリーズ名 岩波現代文庫 S204
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.7
ページ数 343p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603204-3
NCID BB02654712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21807689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想