水の女

中上健次 著

無頼の男の荒ぶる性と、流浪の女の哀しき性-。獣のように性を貪りつくそうとする男たちに対し、ある女は、自らの過去を封印し、その性に溺れ、またある女は、儚い運命のなかにそれを溶かし込む。またある女は、男の性を弄ぶ。紀伊を舞台に、土俗的世界に生きる男女の性愛を真正面から描いた傑作短篇五作。緊密な弾力のある文体で、性の陰翳と人間の内部の闇を描破した中上文学の極北。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水の女
著作者等 中上 健次
書名ヨミ ミズ ノ オンナ
シリーズ名 講談社文芸文庫 なA7
出版元 講談社
刊行年月 2010.7
ページ数 212p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290093-5
NCID BB02651907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21801263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想