深夜の酒宴 美しい女

椎名麟三 著椎名麟三 著

焼け残った運河沿いの倉庫を改造したアパートに蠢く住民達。瀕死の喘息患者、栄養失調の少年、売春婦の救いのない生態を虚無的な乾いた文体で描き、「重い」「堪える」の流行語と共に作家椎名麟三の登場を鮮烈に印象づけた「深夜の酒宴」。電車の運転の仕事を熱愛する平凡な男が現実の重さに躓きつつ生き抜く様を特異なユーモアで描く「美しい女」(芸術選奨)。戦後の社会にカリスマ的光芒を放った椎名文学の代表作二篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深夜の酒宴 美しい女
著作者等 椎名 麟三
書名ヨミ シンヤ ノ シュエン. ウツクシイ オンナ
シリーズ名 講談社文芸文庫 しG3
出版元 講談社
刊行年月 2010.7
ページ数 360p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290092-8
NCID BB02651430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21801261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想