春画 : 片手で読む江戸の絵

タイモン・スクリーチ 著 ; 高山宏 訳

武士のお守り?性生活の手引き?いいえ、ポルノグラフィーです。独身男たちが溢れた江戸は、遊郭が栄え、艶本が数多板行され、男色も当たり前だった。枕絵、笑絵、危絵、美人画…。浮世絵の性化された画像を対象に、縦横無尽に議論する。春画を、「美術」ではなく、江戸の性の文脈で捉え直し、斬新な解釈を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 春画・セクシュアリティ・美人画(絵を拝む
  • 使用と濫用)
  • 第2章 分節される身体(江戸のジェンダー
  • 肌と衣服の論理)
  • 第3章 春画の中のシンボル(水と陰陽
  • 植物と動物
  • 小物たち)
  • 第4章 窃視の政治学(使用人
  • 真似ゑ門
  • レンズ)
  • 第5章 性と外界(内部空間と歴史物語
  • 旅と異人)
  • 結び この絵は勝ってはいけない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春画 : 片手で読む江戸の絵
著作者等 Screech, Timon
高山 宏
スクリーチ タイモン
書名ヨミ シュンガ : カタテ デ ヨム エド ノ エ
シリーズ名 講談社学術文庫 2004
出版元 講談社
刊行年月 2010.7
ページ数 317p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292004-9
NCID BB02648913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21804852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想