我々はなぜ戦争をしたのか : 米国・ベトナム敵との対話

東大作 著

一九九七年、ハノイ、マクナマラ元米国務長官ら、ベトナム戦争を戦った両国要人らが対話した。この戦争はなぜ回避できなかったのか?なぜ早期に終結できなかった?なぜ機会を失したか?真摯な、ときに激烈な討論の中で明かされたのは、悲惨なまでの互いの無知、無理解、誤認…二〇世紀の戦争をめぐる対話がもたらす、二一世紀の紛争解決・平和構築に向かう巨大な教訓。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 敵との対話はこうして始まった
  • 第2章 戦争目的は何だったのか
  • 第3章 戦争回避の道はなぜ消えたのか
  • 第4章 プレイク事件と全面戦争突入
  • 第5章 かくて秘密和平交渉は失敗した
  • 第6章 両者は何を学んだのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 我々はなぜ戦争をしたのか : 米国・ベトナム敵との対話
著作者等 東 大作
書名ヨミ ワレワレ ワ ナゼ センソウ オ シタノカ : ベイコク ベトナム テキ トノ タイワ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 704
出版元 平凡社
刊行年月 2010.7
ページ数 253p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76704-9
NCID BB02646860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21821248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想