日本の民主的基盤形成の探究

藤井徳行 編著

[目次]

  • 第1部 前近代・近代日本の民主主義の潮流(明治十五年刑法施行前における対外国人正当防衛判決
  • 自由民権家・法貴発の研究-その修業時代と役人時代
  • 明治一二年第一回兵庫県議会議員選挙についての一考察-『赤穂郡二木村文書』を手掛かりとして ほか)
  • 第2部 現代日本の民主主義の課題(社会保障法における男女差別の課題
  • 児童期性的虐待についての管見
  • 賀川豊彦の労働運動論-山川均との比較を通して ほか)
  • 第3部 二一世紀の政治学・法律学の展望(「幸福追求権」それとも「生命権」・「自由権」・「幸福追求権」-憲法一三条をめぐって
  • わが国におけるオンブズマン制度研究の軌跡
  • 新破産法下における一部免責決定の現状について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の民主的基盤形成の探究
著作者等 藤井 徳行
書名ヨミ ニホン ノ ミンシュテキ キバン ケイセイ ノ タンキュウ
書名別名 Nihon no minshuteki kiban keisei no tankyu
出版元 法律文化社
刊行年月 2010.7
ページ数 310p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03273-7
NCID BB02622170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21806567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想