風刺画にみる日露戦争

石和静 著 ; 金容権 訳

時事風刺漫画は直感的に本質を衝く。弱肉強食=帝国主義時代における自国の文化と他に対するイメージが溶け込んだ各国の風刺画が映し出す"世界史としての日露戦争"の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「力の政治(Power Politics)」の時代
  • 2 戦争の原因-韓国と満州問題
  • 3 黄禍と白禍
  • 4 開戦と戦況
  • 5 戦況と国際情勢の変化
  • 6 ロシアの内憂外患
  • 7 ポーツマス講和会議
  • 8 戦争の結果と戦後の国際関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風刺画にみる日露戦争
著作者等 石 和静
金 容権
書名ヨミ フウシガ ニ ミル ニチロ センソウ
書名別名 Fushiga ni miru nichiro senso
出版元 彩流社
刊行年月 2010.6
ページ数 306p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7791-1512-7
NCID BB02619085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21798679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想