アジア連合への道 : 理論と人材育成の構想

天児慧 著

「アジア松下村塾」をつくる!アジア主義の思想史のなかに現代を位置づけ、統合を担う人材を育成する方法を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジア統合をいかに構想するか
  • 第2章 ナショナリズムとリージョナリズムの歴史的相克-戦前のアジア主義論争をめぐって
  • 第3章 戦後アジアにおけるナショナリズムの位相
  • 第4章 アジアにおける地域主義の模索と挑戦
  • 第5章 中国の「東アジア共同体」と国際秩序観
  • 第6章 日本の外交戦略から考えるアジア統合論
  • 第7章 アジア連合の実現に向けて-GIARI活動こそ「アジア松下村塾」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア連合への道 : 理論と人材育成の構想
著作者等 天児 慧
書名ヨミ アジア レンゴウ エノ ミチ : リロン ト ジンザイ イクセイ ノ コウソウ
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.6
ページ数 249, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-480-86402-4
NCID BB02596660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21812812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想