訪問看護元気化計画 : 現場からの15の提案

宮崎和加子, 川越博美 著

介護保険施行10年を機に、現場大好き人間の二人が、全国の現場を駆け巡りながら、訪問看護の過去・現在・未来を率直に語り合った。いま、どうしても伝えておきたいことが、この1冊に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の訪問看護の現状(訪問看護のこれまで、そして今
  • 地域で暮らす利用者・対象者の特徴と変化
  • 訪問看護ステーションの現状
  • 試行錯誤のステーション運営
  • 生き生きと活躍する訪問看護師
  • 訪問介護の"中身"を考える
  • 始まりつつある新たな動き)
  • 第2部 訪問看護発展のための15の提案(学生、病棟で働く看護師へ
  • 現場の訪問看護師へ
  • 看護師教育を変える
  • 制度・政策・その他)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 訪問看護元気化計画 : 現場からの15の提案
著作者等 宮崎 和加子
川越 博美
書名ヨミ ホウモン カンゴ ゲンキカ ケイカク : ゲンバ カラノ 15 ノ テイアン
出版元 医学書院
刊行年月 2010.6
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-260-01055-9
NCID BB02595475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21948003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想