NHK、鉄の沈黙はだれのために

永田浩三 著

事件から一〇年がたとうとしているいま、あらためて、NHKはだれのためにあるのかを問いたい。沈黙はなにも解決してくれない。毎日毎日人の道を説き、社会のありようを提言しつづける放送局が、ふだんの多弁とはうって変わって沈黙を守りつづけるのは、どう考えても不自然だ。いま、すべてが語られねばならない。番組はなぜあれほど無惨に書き変えられたのか。事件後になにがおこなわれ、なにがおこなわれなかったのか-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 事件の現場にいた人々
  • わたしたちはいまも過ちを続けている
  • 伊東律子さんの死、永遠の沈黙のはじまり
  • 楽観主義と議論不足が火種を生んだ
  • 番組はこうして改ざんされた
  • やがて虚しき裁判の日々
  • だれが真実を語り、だれが嘘をついているか
  • 慰安婦問題と天皇の戦争責任について
  • 番組制作の現場を離れるとき
  • これからの放送、これからの言論のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NHK、鉄の沈黙はだれのために
著作者等 永田 浩三
書名ヨミ NHK テツ ノ チンモク ワ ダレ ノ タメニ : バングミ カイヘン ジケン 10ネンメ ノ コクハク
書名別名 番組改変事件10年目の告白

NHK tetsu no chinmoku wa dare no tameni
出版元 柏書房
刊行年月 2010.7
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7601-3841-8
NCID BB02586339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21818007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想