観光の思想と理論

大橋昭一 著

観光の研究は、現在、世界的に実に盛んである。本書は、現段階における世界的な論議の模様を明らかにしたものである。観光とは何かについて、ポストモダン的理論も視野に入れて解明し、観光客満足の最新の考え方などを考察している。その上にたって、観光地の振興論を論じ、最後に観光理論の多様なタイプを整理し展望する試みを提示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 観光とは何か-観光の原点
  • 第2章 現段階における観光の社会経済的意義と発展動向
  • 第3章 観光の諸形態-周辺地観光・農村観光・都市観光
  • 第4章 文化と観光
  • 第5章 観光客のタイプと行動原理
  • 第6章 観光客満足の理論
  • 第7章 観光と社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)
  • 第8章 観光地振興論
  • 第9章 観光地ライフサイクル論をめぐって
  • 第10章 社会の流動化と観光
  • 第11章 観光理論のいくつかのタイプ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観光の思想と理論
著作者等 大橋 昭一
書名ヨミ カンコウ ノ シソウ ト リロン
書名別名 Kanko no shiso to riron
出版元 文眞堂
刊行年月 2010.6
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8309-4678-3
NCID BB02585551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21801610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想