国際/日本美術市場総観 : バブルからデフレへ1990-2009

瀬木慎一 著

バブル期の狂乱の「美術ブーム」とは、一体何だったのか!?バブル後の著しい市場の縮小の時代から現在までの美術市場を徹底分析。美術との関わりから、個人/国家/企業と文化のあるべき姿を模索。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バブル崩壊とその後の日本市場
  • 第2章 国際市場と価格の動向
  • 第3章 日本・美術商の業績
  • 第4章 企業と美術
  • 第5章 国家・地方・美術館の問題
  • 第6章 欧米・東アジアの文化状況
  • 第7章 混迷から激変へ-二〇〇七年の状況
  • 第8章 第二次バブルの推移と今後-二〇〇八年の状況

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際/日本美術市場総観 : バブルからデフレへ1990-2009
著作者等 瀬木 慎一
書名ヨミ コクサイ ニホン ビジュツ シジョウ ソウカン : バブル カラ デフレ エ 1990 2009
出版元 藤原書店
刊行年月 2010.6
ページ数 618p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89434-710-6
NCID BB02531133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21792002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想