『遠野物語』を読もう : 柳田国男が意図したもの

藤井隆至 著

1910年に柳田国男が発行した『遠野物語』で柳田が言いたかったことは何か?『遠野物語』の発行意図を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『遠野物語』の主題
  • 第2章 「物語」とは何か?
  • 補論 佐渡の「鶴女房」と木下順二の『夕鶴』
  • 第3章 「遠野」とはどこか?
  • 第4章 「柳田国男」はどういう人か?
  • 第5章 『遠野物語』に書かれていないこと-「固有」とは何か(一)?
  • 第6章 『遠野物語』が書いていること-「固有」とは何か(二)?
  • 第7章 柳田国男の協同組合理解-日本とヨーロッパ
  • 第8章 柳田国男が意図したもの-協同組合の人間的基礎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『遠野物語』を読もう : 柳田国男が意図したもの
著作者等 新潟大学大学院現代社会文化研究科ブックレット新潟大学編集委員会
藤井 隆至
ブックレット新潟大学編集委員会
新潟大学大学院現代社会文化研究科
書名ヨミ トオノ モノガタリ オ ヨモウ : ヤナギタ クニオ ガ イトシタ モノ
書名別名 Toono monogatari o yomo
シリーズ名 遠野物語 54
ブックレット新潟大学 / 新潟大学大学院現代社会文化研究科ブックレット新潟大学編集委員会 編 54
出版元 新潟日報事業社
刊行年月 2010.7
ページ数 70p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86132-407-9
NCID BB0253101X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21805412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想