いのちの川

山崎充哲 著

高度経済成長に沸く、昭和40年代。都市河川の象徴である多摩川は、人々が垂れ流す生活排水に汚染され、奇形魚の棲みかと化していた。その「死の川」に、雨の日も風の日も足を運び続ける男がいた。泥まみれになって、生き延びている魚を探し、魚道を掘る。石鹸と合成洗剤の味がする魚を食べ、水質状況を確認する。多摩川清流化に、たった一人で挑み続けた男の感動の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 汚染された「死の川」
  • 第2章 命を探す、川の仕事人
  • 第3章 川の救世主、下水処理場
  • 第4章 多摩川に育てられた私
  • 第5章 多摩川に「食べられる」天然鮎を戻そう!
  • 第6章 多摩川に人を集めよう!
  • 第7章 数え切れない挫折を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの川
著作者等 山崎 充哲
書名ヨミ イノチ ノ カワ : ウオ ガ キエタ タマガワ ノ フッカツ ニ カケタ オトコ
書名別名 魚が消えた「多摩川」の復活に賭けた男
出版元 幻冬舎
刊行年月 2010.6
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-01836-5
NCID BB02503025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21860955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想