正倉院宝物の世界

杉本一樹 著

正倉院に伝来した数多くの宝物と、それを生み出し、また保存してきた人びとの営み、そのあとに残された大量の文字による記録は、総体としてまさに奈良時代に始まる歴史そのものの生きた姿だ。著者が学んできた日本古代史という分野を、あらためて自身の立脚点と位置づけたうえで、「正倉院宝物の世界」の奥行きと広がりについて知ることの有用性を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 正倉院宝物-奥行きと広がり
  • 1 「もの」と技法の世界(概観のための視座
  • 「もの」の集合-在庫品カタログ
  • 出土品と伝世品
  • 技法別の整理
  • 「もの」と文字)
  • 2 どんな役に立つのか(「文字の宝庫」としての正倉院
  • 正倉院の文字資料
  • 大宝律令と官僚制-官位令と職員令
  • 国家祭祀と国家仏教の展開-神祇令・僧尼令 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正倉院宝物の世界
著作者等 杉本 一樹
書名ヨミ ショウソウイン ホウモツ ノ セカイ
書名別名 Shosoin homotsu no sekai
シリーズ名 日本史リブレット 74
出版元 山川出版社
刊行年月 2010.6
ページ数 101p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54686-8
NCID BB0250293X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21797692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想