神父と頭蓋骨 : 北京原人を発見した「異端者」と進化論の発展

アミール・D.アクゼル 著 ; 林大 訳

一流の古生物学者、地質学者にして、敬虔なイエズス会士であったピエール・テイヤール・ド・シャルダン神父(1881‐1955)は、科学と信仰を融合させた独自の理論で知られる。そこには若き日に経験した第一次大戦の、毒ガス漂う苛烈な戦場の記憶も陰翳を添えた。しかし、その先鋭性ゆえに教会からは異端視され、テイヤールはパリから異郷中国へと「流刑」に処される。図らずもその中国で、彼は周口店における北京原人の発見に立ち会い、「ミッシング・リンク」の研究に重要な貢献を果たすことになった。戦時の混乱のさなかに消え去り、日本軍の関与も囁かれるこの原人骨は、今日なお捜索が続く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 晩餐会
  • 進化のプレリュード
  • ダーウィンの飛躍的前進
  • 石器と洞窟芸術
  • ジャワ原人
  • テイヤール
  • 内モンゴルでの発見
  • アウストラロピテクスとスコープス裁判
  • 流刑
  • 北京原人の発見
  • テイヤール、ルシール、スワンと出会う
  • 黄の遠征とモンゴルの王女
  • ルシール、スワン、北京原人を復元する
  • 北京原人、姿を消す
  • ローマ
  • 余波
  • 化石の発見はつづく
  • 北京原人はどうなったのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神父と頭蓋骨 : 北京原人を発見した「異端者」と進化論の発展
著作者等 Aczel, Amir D
林 大
アクゼル アミール・D.
書名ヨミ シンプ ト ズガイコツ : ペキン ゲンジン オ ハッケンシタ イタンシャ ト シンカロン ノ ハッテン
書名別名 The Jesuit and the skull

Shinpu to zugaikotsu
出版元 早川書房
刊行年月 2010.6
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209139-0
NCID BB02500945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21796751
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想