覚書刹那と永遠

近藤節也 著

高踏の異才が、宇宙のはじまりから生命の起源と進化、神の存在証明と西洋文化・思想史、現代アメリカ史までを、物理学、生物学、歴史学、社会学、芸術学、遺伝子工学などの最新知見をもとに綴った、驚嘆の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「宇宙論史」ほか(古代、目的論的世界観
  • ルネッサンスとキリスト教会の天動説 ほか)
  • 第2章 「地球生命論」(地球の年代区分
  • 地球と生命の誕生 ほか)
  • 第3章 「人間の歴史」(人間の起源
  • 原猿・真猿・類人猿への分岐と進化 ほか)
  • 第4章 「神の歴史」(神とはなにか
  • シュメールとバビロンの神々 ほか)
  • 第5章 「清教徒の国と逆光の未来」(神の国としてのアメリカ
  • インディアン戦争 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 覚書刹那と永遠
著作者等 近藤 節也
書名ヨミ オボエガキ セツナ ト エイエン
書名別名 L'instant et l'eternite

Oboegaki setsuna to eien
出版元 文藝春秋企画出版部 : 文藝春秋
刊行年月 2010.6
ページ数 325p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-008096-6
NCID BB02455465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21782159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想