日本の家計行動のダイナミズム  6

瀬古美喜, 照山博司, 山本勲, 樋口美雄, 慶應-京大連携グローバルCOE 編

非正規雇用、失業、転職の実態を描き出す。世界的な経済金融危機を受け、雇用不安が日本を覆う。どのような家計がどう影響を受け、どう対処したか。はたして市場の効率性や公正性は保たれているのか。2009年1月の最新調査までを含んだ詳細なパネル・データを用いて、個々の家計の動きを追い、多角的に分析する。KHPS(Keio Household Panel Survey)6年間の調査結果にもとづく家計行動の動態分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 KHPSの標本特性(景気変動と家計行動-KHPS2009年調査から)
  • 第2部 市場の質と経済危機下の家計行動(2000年代後半の貧困動態とその要因
  • 雇用の非正規化と所得格差
  • 景気後退期の就業行動の変化
  • 仕事の「満足度」と転職
  • 景気変動と家計消費の変動-日本の家計消費は平滑化しているか
  • 家計の借入行動と景気変動
  • 住宅購入計画と目標貯蓄の歪み-景気変動による予想と現実の乖離)
  • 第3部 家計行動変容の諸相(消費支出データの計測誤差とその相関構造
  • 家計別インフレ率の分布とその持続性-食料・エネルギー価格の高騰が家計に与えた影響
  • 競争上公正性から見た我が国の労働市場の質-正規・非正規労働市場の垣根に関する実証分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の家計行動のダイナミズム
著作者等 山本 勲
樋口 美雄
瀬古 美喜
照山 博司
慶應-京大連携グローバルCOE
慶応‐京大連携グローバルCOE
書名ヨミ ニホン ノ カケイ コウドウ ノ ダイナミズム
書名別名 経済危機下の家計行動の変容

Nihon no kakei kodo no dainamizumu
巻冊次 6
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2010.6
ページ数 319p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-7664-1751-7
NCID BB02447059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21856784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想