漱石と「露西亜の小説」

大木昭男 著

夏目漱石が強い影響を受けた「露西亜の小説」とは何なのか。漱石はドストエフスキー、トルストイをどう読んだのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 近代日本文学とロシア文学
  • 第1章 夏目漱石とロシア文学
  • 第2章 Life露西亜の小説
  • 第3章 漱石の『明暗』とトルストイの『アンナ・カレーニナ』
  • 終章 東洋的なるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石と「露西亜の小説」
著作者等 大木 昭男
書名ヨミ ソウセキ ト ロシア ノ ショウセツ
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット no.151
出版元 東洋書店
刊行年月 2010.6
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88595-924-0
NCID BB02445960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21854267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想