教育としての学校事務 : 子どもの学習発達保障のために

柳原富雄, 制度研 編

あるべき「学校事務職員像」「教師像」「学校像」の原点。学校事務職員だからこそ、見える。子どもの学習発達保障の実現は、教師だけでなく、学校事務職員を含むすべての学校関係者、そして、保護者、住民の協同化によって果たされるということを。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学校事務職員とは
  • 第2章 学校事務職員の歴史と基本課題
  • 第3章 子どもの学習権と学校事務職員の仕事
  • 第4章 学校事務職員像をめぐるいくつかの立場
  • 第5章 教師像・学校事務職員像の確立を求めて
  • 第6章 学校事務職員制度改革を展望して
  • 一つの命題を追究しつづけて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育としての学校事務 : 子どもの学習発達保障のために
著作者等 全国学校事務職員制度研究会
柳原 富雄
制度研
書名ヨミ キョウイク ト シテノ ガッコウ ジム : コドモ ノ ガクシュウ ハッタツ ホショウ ノ タメニ
出版元 大月書店
刊行年月 2010.6
版表示 改訂新版.
ページ数 215p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-272-41206-8
NCID BB02440683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21791783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想