外務省革新派 : 世界新秩序の幻影

戸部良一 著

一九三八年七月、時の外相宇垣一成の私邸を八人の青年外交官が訪れ、所信を披瀝するとともに、彼らがリーダーと仰ぐ白鳥敏夫の外務次官起用を強く訴えた-ときに軍部以上の強硬論を吐き、軍部と密着して外交刷新を実現しようと行動した外務省革新派。彼らが主張した「皇道外交」は、満洲事変後の「世界史的大変動」の中で大衆に受け入れられ、世論を先導していく。戦争へ向かう時代を新たな角度で切り取る意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 八人の青年外交官
  • 第1章 外務省革新同志会
  • 第2章 満洲事変の衝撃
  • 第3章 皇道外交
  • 第4章 「人民戦線諸国」対「全体主義諸国」
  • 第5章 現状維持派との対決
  • 第6章 新秩序を目指して
  • 第7章 その後の革新派
  • エピローグ 外務省革新派の歴史的役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外務省革新派 : 世界新秩序の幻影
著作者等 戸部 良一
書名ヨミ ガイムショウ カクシンハ : セカイ シンチツジョ ノ ゲンエイ
シリーズ名 中公新書 2059
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.6
ページ数 332p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102059-8
NCID BB02401331
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想