鎌倉源氏三代記 : 一門・重臣と源家将軍

永井晋 著

頼朝・頼家・実朝と続いた源家将軍三代。平氏を滅亡させた治承・寿永の乱から源家将軍の時代を清算する戦いとなった承久の乱まで、源氏一門や北条氏ら鎌倉御家人の動向を交え描く。『吾妻鏡』の世界が鮮やかによみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 河内源氏と摂津源氏-プロローグ
  • 以仁王挙兵と源頼朝
  • 源頼朝と後白河法皇-日本一の大天狗との対決
  • 源頼家政権の虚実-生母北条政子との対決
  • 源実朝の時代
  • 承久の乱-源家将軍の清算
  • 源家将軍三代の特徴-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉源氏三代記 : 一門・重臣と源家将軍
著作者等 永井 晋
書名ヨミ カマクラ ゲンジ 3ダイキ : イチモン ジュウシン ト ミナモトケ ショウグン
書名別名 Kamakura genji 3daiki
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 299
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.7
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05699-1
NCID BB02400521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21794378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想