感じる力 : 瞑想で人は変われる

吉田脩二 著

有機野菜、ジョギング、ヨーガ…。これらの流行は、偶然ではない。うつ病と自殺者が増加するストレス社会に生きる現代人が「自然回帰」を求めた結果なのだ。そして、この流れの行き着く先は瞑想である。「身体」をコントロールすることで「心」を静める瞑想。これこそが、「感じること」を軽視してきた我々への処方箋となる。本書は、「脳科学」「思考と言語」「感覚と感性」「農耕民と狩猟採集民」といった様々な観点から瞑想を分析した実践の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 瞑想する人びと
  • 第2章 瞑想を科学する
  • 第3章 思考と言語
  • 第4章 感覚と感性
  • 第5章 狩猟採集民
  • 第6章 自然人と私たち
  • 第7章 病む現代人
  • 第8章 人はなぜ自然人に戻らなかったのか
  • 第9章 動員史観
  • 第10章 枢軸時代
  • 第11章 おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感じる力 : 瞑想で人は変われる
著作者等 吉田 脩二
書名ヨミ カンジル チカラ : メイソウ デ ヒト ワ カワレル
シリーズ名 PHP新書 674
出版元 PHP研究所
刊行年月 2010.6
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-77997-3
NCID BB02385734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21795477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想