江戸猫 : 浮世絵猫づくし

稲垣進一, 悳俊彦 著

猫の浮世絵だけを集めた日本初の作品集。歌川広重、河鍋暁斎、歌川国芳、鈴木春信など江戸のトップ絵師の作品を厳選して紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日々猫-猫は毎日生きている(猫に蝶(鈴木春信)
  • 竹林の猫に雀(礒田湖龍斎) ほか)
  • 第2章 いたずら猫-猫があそぶ、猫であそぶ(金魚づくし百ものがたり(歌川国芳)
  • 道外十二支甲子の鼠(歌川国芳) ほか)
  • 第3章 じゃれ猫-猫だって美人が好き(新板風流相生尽卯春(歌川国貞)
  • 当世美女吾妻風景浅草寺の年の市(歌川国貞) ほか)
  • 第4章 はたらき猫-もしも猫の町があったら(しん板猫のあきんどづくし(歌川芳藤)
  • しん板大長家猫のぬけうら(歌川芳藤) ほか)
  • 第5章 ワル猫-やっぱり猫はおそろしい!?(鎌田又八(歌川国芳)
  • 見立東海道五十三次岡部猫石の由来(歌川国芳) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸猫 : 浮世絵猫づくし
著作者等 悳 俊彦
稲垣 進一
書名ヨミ エド ネコ : ウキヨエ ネコ ズクシ
書名別名 Edo neko
出版元 東京書籍
刊行年月 2010.5
ページ数 139p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-487-80428-3
NCID BB02369272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21770256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想