自立が苦手な人へ : 福沢諭吉と夏目漱石に学ぶ

長山靖生 著

諭吉のキイワードは「自尊独立(自立)」、漱石のキイワードは「自己本位(自分らしさ)」。競争社会の困難さを「近代」から読み解く。仕事の能力もない、結婚もできない人への提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代人が直面している「困難」の正体
  • 第2章 自立への一歩-福沢諭吉に近代日本の出発を学ぶ
  • 第3章 経済的自立と学問-福沢的「向上心」vs.漱石的「覚悟」
  • 第4章 「いい仕事」と欲望装置と「自分らしさ」
  • 第5章 弱者化する日本人
  • 第6章 自立した個人と共同体の再生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自立が苦手な人へ : 福沢諭吉と夏目漱石に学ぶ
著作者等 長山 靖生
書名ヨミ ジリツ ガ ニガテナ ヒト エ : フクザワ ユキチ ト ナツメ ソウセキ ニ マナブ
シリーズ名 講談社現代新書 2057
出版元 講談社
刊行年月 2010.6
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288057-2
NCID BB02353115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21794414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想