考古学の挑戦 : 地中に問いかける歴史学

阿部芳郎 編著

縄文人は何を食べていた?石器のキズは何を語る?貝の腕輪はどうやって作った?モノの用途や技術を解明して、文字のない時代に歴史の光を当てる考古学は、さまざまな分野と協力して新しい事実を明らかにしようとしています。6人の研究者たちが"現在と未来を結ぶ人間学"としての魅力をつたえる本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 発掘からはじまる歴史学
  • 第1章 炭の粒で年代を測る
  • 第2章 森の資源とその利用
  • 第3章 食べたものを明らかにする
  • 第4章 石器が語る「使用履歴」
  • 第5章 ミクロの痕跡から情報を読みとる
  • 第6章 漆のふしぎとジャパン
  • 第7章 貝輪作りと実験考古学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学の挑戦 : 地中に問いかける歴史学
著作者等 阿部 芳郎
書名ヨミ コウコガク ノ チョウセン : チチュウ ニ トイカケル レキシガク
シリーズ名 岩波ジュニア新書 657
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.6
ページ数 237, 6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500657-1
NCID BB02342786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21794420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想