開国前夜 : 田沼時代の輝き

鈴木由紀子 著

田沼意次といえば、賄賂を好んだ金権政治家と見られがちだが、彼の施政には、旧来の格式にとらわれない発想の斬新さと先見性があった。田沼時代は、この時代がなければ、のちの明治維新はなかったと思えるほど、諸外国とくらべても遜色のない経済の活況と豊饒な文化を生みだした時代なのである。本書では、平賀源内や杉田玄白、池大雅など、開国前夜ともいうべき時代を生きた先駆者たちを通して田沼時代を俯瞰する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 十八世紀後半の日本をとりまく国際社会
  • 第1章 田沼意次
  • 第2章 平賀源内
  • 第3章 杉田玄白
  • 第4章 島津重豪
  • 第5章 池大雅と玉瀾、只野真葛
  • 第6章 工藤平助、最上徳内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開国前夜 : 田沼時代の輝き
著作者等 鈴木 由紀子
書名ヨミ カイコク ゼンヤ : タヌマ ジダイ ノ カガヤキ
シリーズ名 新潮新書 369
出版元 新潮社
刊行年月 2010.6
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610369-8
NCID BB02337990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21791102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想