気にするな

弘兼憲史 著

「上司と合わない」「仕事が面白くない」「未来が見えない」等々、人生は暗く捉えればいくらでも暗くなる。でも、どんな経験もそのうち必ず役に立つ。細かいことは気にせず、目先の目標に全力を尽くす。そう考えれば嫌な上司との接し方も変わってくるものだ。-人気漫画家が生い立ちから社会人時代、「島耕作」シリーズ等、ヒット作の裏側まで、キャリアを振り返りながら語る。読むと気分が晴れて元気になれる人生論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ア・ハード・デイズ・ナイト(昼も夜もなく働く
  • すべては漫画のために ほか)
  • 第2章 人生に無駄な寄り道はない(基地の街に育つ
  • 漫画家を諦める ほか)
  • 第3章 すぐに成功しなくていい(ヒューマニズムと手塚治虫
  • 手塚先生怒る ほか)
  • 第4章 島耕作の誕生(係長だった『島耕作』
  • 漫画の取材現場 ほか)
  • 第5章 閉塞感を嘆く前に(人生は自己責任
  • 人間はアメーバではない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気にするな
著作者等 弘兼 憲史
書名ヨミ キニスルナ
書名別名 Kinisuruna
シリーズ名 新潮新書 368
出版元 新潮社
刊行年月 2010.6
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610368-1
NCID BB02337720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21791101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想