デフレの正体 : 経済は「人口の波」で動く

藻谷浩介 著

「生産性の上昇で成長維持」という、マクロ論者の掛け声ほど愚かに聞こえるものはない。日本最大の問題は「二千年に一度の人口の波」だ。「景気さえ良くなれば大丈夫」という妄想が日本をダメにした。これが新常識、日本経済の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 思い込みの殻にヒビを入れよう
  • 国際経済競争の勝者・日本
  • 国際競争とは無関係に進む内需の不振
  • 首都圏のジリ貧に気づかない「地域間格差」論の無意味
  • 地方も大都市も等しく襲う「現役世代の減少」と「高齢者の激増」
  • 「人口の波」が語る日本の過去半世紀、今後半世紀
  • 「人口減少は生産性上昇で補える」という思い込みが対処を遅らせる
  • 声高に叫ばれるピントのずれた処方箋たち
  • ではどうすればいいのか(1)高齢富裕層から若者への所得移転を
  • ではどうすればいいのか(2)女性の就労と経営参加を当たり前に
  • ではどうすればいいのか(3)労働者ではなく外国人観光客・短期定住客の受入を
  • 高齢者の激増に対処するための「船中八策」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デフレの正体 : 経済は「人口の波」で動く
著作者等 藻谷 浩介
書名ヨミ デフレ ノ ショウタイ : ケイザイ ワ ジンコウ ノ ナミ デ ウゴク
シリーズ名 角川oneテーマ21 C-188
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2010.6
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-710233-0
NCID BB02325856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21787485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想