アジア学のすすめ  第2巻

村井 吉敬【編】

中国、台湾、韓国、マレーシア、インドネシア、パプア・ニューギニア、ラオス、沖縄…。「現場」から何を読み取り、どう発展させるのか。それぞれの研究者の立場から提示する。早稲田大学アジア研究機構による、初の研究ガイダンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東アジア(人類学による韓国研究
  • グローバル化と"朝鮮族"-移動から見える東北アジア跨境論
  • 台湾原住民の土器づくりから何がわかるか-比較民族誌のすすめ
  • 縄文社会を探る-パプア・ニューギニア社会、台湾原住民社会からの照射)
  • 第2部 大陸部東南アジア(ヘリテージ・ツーリズムと文化的アイデンティティ-ラオス・カンボジアの国境地帯の調査から
  • アジアのイスラームへのアプローチ-食文化研究のフィールドから
  • フィールドからのヴェトナム文学研究-ニャンヴァン・ザイファム事件の考察)
  • 第3部 島嶼部東南アジア(島嶼部東南アジアの海洋民族学-東部ジャワ・スコリロ村とフィリピン・パナイ島ゴトサン地区の事例
  • 海の東南アジア学の可能性と展望-エビやナマコの先に見えるもの
  • フィールドに学ぶ-マレーシアの教育、社会と文化に関する比較研究)
  • 第4部 社会論・文化交流・ジェンダー・教育(フィールド調査とアジア社会論の課題
  • 「沖縄女性学」というジャンルを拓くということ-ジェンダー論・沖縄研究
  • 岐路に立つ国際文化交流政策-米国とアジアの狭間で
  • アジア高等教育論-市場化と国際化のダイナミズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア学のすすめ
著作者等 村井 吉敬
書名ヨミ アジアガク ノ ススメ
書名別名 アジア社会・文化論
シリーズ名 早稲田大学アジア研究機構叢書
巻冊次 第2巻
出版元 弘文堂
刊行年月 2010.6
ページ数 373p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-50112-8
NCID BB02324241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21780139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想