戦時下の経済学者

牧野邦昭 著

総力戦で重要なのは、軍備や戦術以上に経済だった。戦後日本へとつながる経済思想を準備したエコノミストたちの軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 河上肇と第一次大戦
  • 第1章 陸海軍と経済学者
  • 第2章 経済新体制をめぐって
  • 第3章 思想戦のなかの経済学
  • 第4章 「近代経済学」の誕生
  • 終章 高橋亀吉と第二次大戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦時下の経済学者
著作者等 牧野 邦昭
書名ヨミ センジカ ノ ケイザイガクシャ
書名別名 Senjika no keizaigakusha
シリーズ名 中公叢書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.6
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004134-1
NCID BB0231728X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21805324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想