近代ヨーロッパ史 : 世界を変えた19世紀

福井憲彦 著

ヨーロッパの近代は、その後の世界を決定づけた。現代の繁栄も混迷もここに発し、21世紀になってなお世界が解決に苦闘する難題もまた、ここに源をもっている。では、なぜそのようなことになったのだろうか。教科書で習った近代ヨーロッパの重大事件、アメリカ合衆国の独立や、フランス革命、産業革命などは、私たちの生きる現代世界にどのような影響を与えているのだろうか。複雑で多様な要素からなる歴史を解きほぐし、個々の出来事の知識だけからは計り知れない近代ヨーロッパのインパクトの意味と深さを、平明かつ総合的に考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヨーロッパによる海外進出の開始
  • 世界交易における覇権争い
  • 一八世紀における社会経済と政治
  • 「啓蒙の光」と近代思想の誕生
  • 人口増加の開始から「移動の世紀」へ
  • 革命に揺れる大西洋世界
  • ウィーン体制と四八年諸革命
  • 工業化と社会の変容
  • 農村のヨーロッパと都市のヨーロッパ
  • 科学技術の実用化と産業文明の成立
  • 様々な帝国主義
  • 第一次世界大戦という激震
  • 歴史文化の継承と芸術的創造
  • 近代ヨーロッパの光と陰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ヨーロッパ史 : 世界を変えた19世紀
著作者等 福井 憲彦
書名ヨミ キンダイ ヨーロッパシ : セカイ オ カエタ 19セイキ
書名別名 Kindai yoroppashi
シリーズ名 ちくま学芸文庫 フ3-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.6
ページ数 284p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09299-1
NCID BB02316640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21810762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想