死の文化を豊かに

徳永進 著

誰もがいつかは迎える「死」。その瞬間は遅かれ早かれ必ずやってくる。鳥取市のホスピス「野の花診療所」でこれまでたくさんの人々の死に立ち会ってきた著者は、その経験をもとに、もっと「死」についてざっくばらんに語り合う文化があってもよいのではないか、と疑問や提案を投げかける。温かくそして謙虚に死と向き合う臨床医のしなやかなエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いいよ、死
  • 「イイキモチ、デシタ」
  • 二つの言葉
  • 作ろうよ、死のときの国民歌
  • 天色の葬儀幕
  • beautiful and peaceful
  • がん末期を特別な状況と思わないで
  • なかよし時間
  • 「傷ついた癒し人」考
  • 湯かんの前に-死と風呂
  • 森のお別れ会から-死と絵本
  • 巡礼死だって
  • からだをぬぐ
  • 「育死の百科」は生まれないか
  • 死体愛
  • 棺売り
  • ボク死ング
  • 道を歩ってみたいです
  • ラジオ番組「今日の死」
  • 千枚の死亡診断書が宙に舞うよ
  • 死をつかまえる紐
  • 無差別微笑期回帰願望
  • 旅人のお通夜
  • 初心巡礼

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の文化を豊かに
著作者等 徳永 進
書名ヨミ シ ノ ブンカ オ ユタカニ
書名別名 Shi no bunka o yutakani
シリーズ名 ちくま文庫 と23-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.6
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42713-7
NCID BB02309791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想