江戸幕府の対外政策と沿岸警備

松尾晋一 著

[目次]

  • 序章
  • 第1部 家光政権による「南蛮船」来航禁止と沿岸警備(家光政権にとっての「脅威」と沿岸警備
  • 家光政権の外交姿勢と異国船来航への現実的な対応-正保四年(一六四七)ポルトガル使節船来航から
  • オランダにとっての家光政権の対外政策)
  • 第2部 幕府外交姿勢の硬直化(家綱政権期の南蛮船対応策-政策の転換と沿岸警備体制の整備
  • 沿岸警備の実態と幕府の外交姿勢-寛文十三年(一六七三)のリターン号事件から
  • 南蛮船への対応と外交姿勢の硬直化-貞享二年(一六八五)の漂着民送還への対応から)
  • 第3部 環シナ海世界の情勢変化と幕府対外政策(幕府対外政策における「唐人」「唐船」問題の推移-「宥和」政策から「強硬」政策への転換過程とその論理
  • 正徳新例発給と沿岸警備強化の意義
  • 幕府体外政策における「唐船」打ち払いの意義)
  • 総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸幕府の対外政策と沿岸警備
著作者等 松尾 晋一
書名ヨミ エド バクフ ノ タイガイ セイサク ト エンガン ケイビ
書名別名 Edo bakufu no taigai seisaku to engan keibi
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2010.5
ページ数 324p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7517-4210-5
NCID BB02308493
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21792992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想