気候変動への世界的対応 : 先進国対途上国

世界銀行 編著 ; 田村勝省, 小松由紀子 訳

アメリカの1人あたり年間CO2排出量は20メトリックトンで先進国中最高、途上国のインドはその約10分の1である(世界人口の約16%を占める先進国が世界の66%以上の温室効果ガスを排出している)。異常気象災害の被害者の80%が途上国の人々である。このまま先進国が温暖化対策を先送りすると、平均気温の上昇幅は今世紀中には少なくとも2℃かそれ以上となり、島国や低地国は今世紀末には水没する。しかし、途上国の人口の25%は1日所得100円の極貧にあえいでおり、経済開発は不可避である。本書は2010年世界開発報告の要約・普及版で、付録として巻末に「気候変動の科学」、「気候変動下での生物多様性の保全」の詳説がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経済開発のために気候を変える
  • 行動を支持するために
  • もしわれわれが今、一緒に、違った行動を起こせば、気候に関してスマートな世界は、手に届くところにある
  • 実現に向けて:新しい圧力、新しい手段、新しい資源
  • 付録A 気候変動の科学(気候システムの仕組み
  • 現在までに観察されている変化により、科学についてのわれわれの理解が変わったことの意味するもの
  • 気温の上昇が2℃を超えた場合の将来における変化
  • 限界を超えるのか?
  • 2℃の温暖化を目標とし、5℃以上の温暖化を回避することができるか?)
  • 付録B 気候変動下での生物多様性と生態系サービス(生物多様性と生態系サービスへの脅威
  • 私達に何ができるのだろうか?
  • 生態系サービスに対する支払い
  • 生態系ベースの適応)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気候変動への世界的対応 : 先進国対途上国
著作者等 World Bank
国際復興開発銀行
小松 由紀子
田村 勝省
IBRD
世銀
世界銀行
書名ヨミ キコウ ヘンドウ エノ セカイテキ タイオウ : センシンコク タイ トジョウコク
書名別名 World development report 2010
出版元 一灯舎 : オーム社
刊行年月 2010.5
ページ数 115p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-903532-65-3
NCID BB02303354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21776133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想