溥儀の忠臣・工藤忠 : 忘れられた日本人の満洲国

山田勝芳 著

ラストエンペラー・溥儀から「忠」の名前を与えられた日本人。単に「大陸浪人の出世頭」としか評価されてこなかった人物-。溥儀に日本人として最も信頼され、中国裏社会にも精通し、張作霖爆殺事件の真相も握る。陸軍に疎まれながらも、満州国成立以前から清朝復辟運動を通じて溥儀を支え、満洲国の侍衛処長として溥儀に影のように付き添った工藤忠とは何者だったのか。日本語史料だけでなく中国語史料も駆使し、中国とラストエンペラーに生涯を捧げた人物の生涯を丹念にたどり、新たな溥儀像、満洲国像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 工藤忠探索の始まり
  • 第2章 大陸の旅へ-間宮海峡を一昼夜で歩く
  • 第3章 革命から復辟へ-激変する中国情勢
  • 第4章 復辟派活動と溥儀との出会い
  • 第5章 甘粛往来と溥儀との接触
  • 第6章 張作霖爆殺事件から満洲事変へ
  • 第7章 溥儀の天津脱出から満洲国建国へ
  • 第8章 溥儀と忠臣工藤忠
  • 第9章 満洲国の崩壊から東京裁判へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 溥儀の忠臣・工藤忠 : 忘れられた日本人の満洲国
著作者等 山田 勝芳
書名ヨミ フギ ノ チュウシン クドウ チュウ : ワスレラレタ ニホンジン ノ マンシュウコク
シリーズ名 朝日選書 867
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.6
ページ数 370, 7p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259967-4
NCID BB02294413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21785997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想