書物の解体学

吉本隆明 著

バタイユ、ブランショ、ジュネ、ロートレアモン、ミシェル・レリス、ヘンリー・ミラー、バシュラール、ヘルダーリン、ユング-現代の世界に多大な影響を与えた欧米の作家・詩人・思想家九人の著作は、翻訳を通じてどこまで読み解くことが可能なのか。批評家としての経験のみを手がかりに、文字通り縦横無尽に論じた画期的作家論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジョルジュ・バタイユ
  • モーリス・ブランショ
  • ジャン・ジュネ
  • ロートレアモン
  • ミシェル・レリス
  • ヘンリー・ミラー
  • ガストン・バシュラール
  • フリードリッヒ・ヘルダーリン
  • カール・グスタフ・ユング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書物の解体学
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ ショモツ ノ カイタイガク
書名別名 Shomotsu no kaitaigaku
シリーズ名 講談社文芸文庫 よB6
出版元 講談社
刊行年月 2010.6
ページ数 461p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290090-4
NCID BB02293228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21786707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想