T式カップル言語連想法 : 治療的会話の継続と展開のツールとして

十島雍蔵 著

[目次]

  • 1 T式カップル言語連想(T‐CWA)法とは
  • 2 T‐CWA法の実施方法
  • 3 CWAの分析と解釈(連想語の分類基準)
  • 4 CWAの理論的基礎
  • 5 データ処理法の例示としての事例報告
  • 補遺 T‐CWA法におけるリフレクションの尺度化の試み-EXPスケールを参考に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 T式カップル言語連想法 : 治療的会話の継続と展開のツールとして
著作者等 十島 雍蔵
書名ヨミ Tシキ カップル ゲンゴ レンソウホウ : チリョウテキ カイワ ノ ケイゾク ト テンカイ ノ ツール ト シテ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2010.6
ページ数 130p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0412-9
NCID BB02279588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21822916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想