資源経済学への招待 : ケーススタディとしての水産業

寳多康弘, 馬奈木俊介 編著

経済学的観点から、水産資源管理制度の方向性を提示する。水産資源管理における計量的な評価分析から具体的な政策提言まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の水産業の再生を急げ
  • 我が国の漁業の歴史と国際状況
  • 水産資源は誰のものか
  • 資源管理は可能か
  • 日本の漁業における費用削減の可能性
  • 再生可能資源と市場構造-経済学理論の再生可能資源への応用
  • 資源の利用権市場の経済分析-不確実性と生産構造
  • ITQの検証-ニュージーランドにおける実証分析
  • 水産物エコラベル-現状と課題
  • 水産エコラベリングの発展可能性-ウェブ調査による需要分析
  • 貿易と水産業の経済理論-国内産業へのインプリケーション
  • 海面養殖の可能性
  • 水産改革への提言-国内政策として何をするべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資源経済学への招待 : ケーススタディとしての水産業
著作者等 寳多 康弘
馬奈木 俊介
寶多 康弘
書名ヨミ シゲン ケイザイガク エ ノ ショウタイ : ケース スタディ ト シテ ノ スイサンギョウ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.5
ページ数 268p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05772-6
NCID BB02278097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21768993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想