成熟日本への進路 : 「成長論」から「分配論」へ

波頭亮 著

日本はこれからどの方向に進んでいくのか。政治は迷走し、国民は困惑している。既に成熟フェーズに入った日本は必然的に国家ヴィジョンを差し替えなければならない。そして、経済政策や政治の仕組みを再構築しなければ、社会は一層暗く沈滞していくだけである。国民が「自分は幸せだ」と思える社会の姿と、そうした社会を目指す政策、およびその政策を実行するための戦略と新しい社会のしくみを明快に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 二一世紀日本の国家ヴィジョン(国家ヴィジョンの不在
  • 日本が成熟フェーズに入ったことの意味
  • 新しい国家ヴィジョン-国民の誰もが医・食・住を保障される国づくり)
  • 2 経済政策の転換(成長戦略は要らない
  • 成長論から分配論へ
  • 産業構造をシフトする二つのテーマ
  • この国のかたち:社会保障と市場メカニズムの両立)
  • 3 しくみの改革(行政主導政治のしくみ
  • 官僚機構を構築している四つのファクター
  • 官僚機構の改革戦略
  • 国民が変わらなければならないこと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成熟日本への進路 : 「成長論」から「分配論」へ
著作者等 波頭 亮
書名ヨミ セイジュク ニホン エノ シンロ : セイチョウロン カラ ブンパイロン エ
書名別名 Seijuku nihon eno shinro
シリーズ名 ちくま新書 847
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.6
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06556-8
NCID BB02274926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21812423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想