ぼくは8歳、エイズで死んでいくぼくの話を聞いて。 : 南アフリカの570万のHIV感染者と140万のエイズ孤児たち

青木美由紀 著

エイズによって親を亡くした子どもの数は、2008年には1400万人に上っています、この数字は、実に日本の小学生、中学生、高校生を合わせた数に匹敵します。サッカーのワールドカップ開催で沸く南アフリカのもうひとつの真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エイズの影響を受けた子どもたち
  • 第2章 エイズウィルスは人種を選ばない
  • 第3章 南アフリカにHIV感染者が多いのは、なぜ?
  • 第4章 アフリカにひろがる貧しさ
  • 第5章 エイズがもたらす社会への影響
  • 第6章 エイズ治療薬が、南アフリカで普及しなかったわけ
  • 第7章 世界はどんな取り組みをしているか
  • 第8章 日本の私たちにできること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくは8歳、エイズで死んでいくぼくの話を聞いて。 : 南アフリカの570万のHIV感染者と140万のエイズ孤児たち
著作者等 青木 美由紀
書名ヨミ ボク ワ 8サイ エイズ デ シンデイク ボク ノ ハナシ オ キイテ : ミナミアフリカ ノ 570マン ノ HIV カンセンシャ ト 140マン ノ エイズ コジタチ
出版元 合同
刊行年月 2010.6
ページ数 150p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7726-0388-1
NCID BB02273843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21853650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想