情報文化論ノート : サイバーリテラシー副読本として

矢野直明 著

デジタル情報社会とは何か?深く広い領域を照射。情報社会の系譜と未来。『サイバーリテラシー概論』、『総メディア社会とジャーナリズム』に続く三部作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 物から情報へ
  • 第2部 情報社会の到来
  • 第3部 「文字の文化」から「電子の文化」へ
  • 第4部 サイバネティックス・ロボット・人工知能
  • 第5部 デジタル情報社会(IT社会)の出現
  • 第6部 現代IT社会論
  • 第7部 サイバーリテラシーの周辺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報文化論ノート : サイバーリテラシー副読本として
著作者等 矢野 直明
書名ヨミ ジョウホウ ブンカ ロン ノート : サイバー リテラシー フクドクホン ト シテ
書名別名 Joho bunka ron noto
出版元 知泉書館
刊行年月 2010.6
ページ数 249p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-86285-084-3
NCID BB02273413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想