日本の歴史  24

網野善彦, 大津透, 鬼頭宏, 桜井英治, 山本幸司 編

戦後とはどのような時代だったのだろうか。敗戦、占領政治、そして新憲法が制定され、日本は平和と民主主義を旗印に復興への道を歩み始める。東西冷戦、朝鮮戦争、ベルリンの壁崩壊と激しく変わる国際社会。講和、日米安保、五五年体制の自社両党の攻防とその終焉、高度経済成長とバブルの崩壊。政党政治を軸に内政・外交に揺れた戦後の日本を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 復興期の政党政治-一九四五年〜一九四九年(戦後体制への始動
  • 「民主化」への時代認識
  • 保守連立の出発
  • 中道連立の経験
  • 自由党の軌跡-結党から一九四九年総選挙まで)
  • 第2章 国際環境のなかの講和と安保-一九四九年〜一九五五年(講和論争と政党再編
  • 講和構想の変転と二国間安全保障条約
  • 占領政策の転換
  • 交渉の成果と限界-サンフランシスコ講和条約の成立
  • 五五年体制への道-社会党統一と保守合同)
  • 第3章 変貌する戦後-一九五五年〜一九七二年(保守合同の成果
  • 外交の調整と自民党政治-日ソ国交回復と安保改定
  • 高度経済成長と開放体制への移行
  • 二党制の苦悩と多党化現象
  • 日米協調と地域外交)
  • 第4章 政党再編への胎動-一九七二年〜一九九三年(列島改造から財政再建へ
  • 国際経済秩序の変動と日本外交
  • 労働再編と社会党
  • 五五年体制の終焉)
  • 終章 連立政権とその行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の歴史
著作者等 大津 透
河野 康子
網野 善彦
鬼頭 宏
書名ヨミ ニホン ノ レキシ
書名別名 戦後と高度成長の終焉
シリーズ名 講談社学術文庫 1924
巻冊次 24
出版元 講談社
刊行年月 2010.6
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291924-1
NCID BB02272603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21786711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想