子づれシングル : ひとり親家族の自立と社会的支援

神原文子 著

ひとり親家族の親たちを「子づれシングル」と呼ぼう。今、日本には、男女合わせて150万人以上もの子づれシングルがいると推定される。生活の生き詰まりや夫の暴力から逃れるために離婚して子づれシングルとなった女性とその子どもたちの多くは、家計不安や元夫から身を隠す必要など、離婚後も生活困難な状況にある。なぜなのだろうか。なぜ、生活困難を解決できないのだろうか。解決のカギは、近年の結婚のあり方、妻と夫との不平等な関係、離婚の真相、不十分な福祉施策にある-筆者は30年近くかけてそれらを明らかにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 結婚のリスクと夫妻関係のリスク(女性にとっての結婚の意味とは
  • 現代における夫妻関係の特徴-生成と解体
  • 家族と暴力-ドメスティック・バイオレンス生成過程とコントロール
  • 夫のもとから家出した妻たち)
  • 第2部 ひとり親家族の現状と課題(ひとり親家族になるということ
  • ドメスティック・バイオレンスから離婚した母と子の今
  • 母子家族の現状と社会的排除
  • ひとり親家族の自立支援と女性の雇用問題
  • "要支援"母子家族の自立条件-ある母子寮在寮家族の生活システム分析
  • ひとり親家族と子どもたち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子づれシングル : ひとり親家族の自立と社会的支援
著作者等 神原 文子
書名ヨミ コズレ シングル : ヒトリオヤ カゾク ノ ジリツ ト シャカイテキ シエン
出版元 明石書店
刊行年月 2010.5
ページ数 268p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7503-3185-0
NCID BB02253620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21776128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想