文化財の社会史 : 近現代史と伝統文化の変遷

森本和男 著

国家と文化財の関係を、GHQ文書などを駆使し、明治から現代までを辿る初の通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近代社会と古美術の成立(近代の幕開けと廃仏毀釈
  • 近代化における古器物・宝物の登場
  • 殖産興業と珍重される古器物
  • 勧業の古器物から美術の宝物へ)
  • 第2部 保存に関与した社会層と国民国家(古社寺保存制度の展開
  • 各地でおきた古社寺保存運動
  • 宝物コレクターの社会層
  • 古社寺保存法の成立と国民国家)
  • 第3部 思想教化としての史跡(内務省地理局と古跡保存
  • 大正デモクラシーと地方を主体とした保存
  • 明治天皇聖跡と国民精神総動員
  • 戦時下の史跡保存)
  • 第4部 海外における文化財(植民地における史跡・古跡保存
  • 日本の中国侵略と文化財)
  • 第5部 転生する「伝統文化」(GHQと文化財による賠償論・返還政策の変遷
  • 略奪文化財の返還
  • 軍事記念物から平和記念物へのシンボルの転換
  • 情報社会と文化財行政の現状と未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化財の社会史 : 近現代史と伝統文化の変遷
著作者等 森本 和男
書名ヨミ ブンカザイ ノ シャカイシ : キンゲンダイシ ト デントウ ブンカ ノ ヘンセン
出版元 彩流社
刊行年月 2010.6
ページ数 791, 16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1536-3
NCID BB02245316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21783241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想