反哲学入門

木田元 著

「形而上学」「私は考える、ゆえに私は存在する」「超越論的主観性」-。哲学のこんな用語を見せられると、われわれは初めから、とても理解できそうにもないと諦めてしまう。だが本書は、プラトンに始まる西洋哲学の流れと、それを断ち切ることによって出現してきたニーチェ以降の反哲学の動きを区別し、その本領を平明に解き明かしてみせる。現代の思想状況をも俯瞰した名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 哲学は欧米人だけの思考法である
  • 第2章 古代ギリシアで起こったこと
  • 第3章 哲学とキリスト教の深い関係
  • 第4章 近代哲学の展開
  • 第5章 「反哲学」の誕生
  • 第6章 ハイデガーの二十世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反哲学入門
著作者等 木田 元
書名ヨミ ハン テツガク ニュウモン
シリーズ名 新潮文庫 き-33-1
出版元 新潮社
刊行年月 2010.6
ページ数 302p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-132081-6
NCID BB02241188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21775360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想