政策過程

森脇俊雅 著

政府のみならず社会集団をも政策主体とする視点に立ち、公共政策の立案、決定、実施、終了の過程の全体像を明らかにしようとする。特徴としては、システム論的視座から、日本を中心にアメリカなどの事例を盛り込みつつ、公共政策が作成過程を包括的に説明する。政策過程についてはすでに理論研究や個別事例研究が活発に展開されてきているが、それらの研究成果を総合する意図もあり、政策過程研究の現在を理解するうえで役立つ一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 概要と構成
  • 1 政策過程とは何か
  • 2 政策作成過程のパターン
  • 3 政策決定の環境
  • 4 政策過程の制度
  • 5 政策過程のアクター
  • 6 政策決定のモデル
  • 7 政策の実施
  • 8 法律制定
  • 9 予算作成
  • 10 政策の終了と評価
  • 終 政策過程のあり方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政策過程
著作者等 森脇 俊雅
書名ヨミ セイサク カテイ
シリーズ名 Basic公共政策学 第5巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.6
ページ数 202p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05654-5
NCID BB02219892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21782892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想