自然界における両性 : 雌雄の進化と男女の教育論

アントワネット・ブラウン・ブラックウェル 著 ; 小川眞里子, 飯島亜衣 訳

19世紀、当時の熱い科学的論題だったダーウィン、スペンサーの進化論やクラークの女子教育論に、男女平等の立場から果敢に挑んだアメリカ初の女性牧師がいた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 性と進化
  • いわゆる成長と生殖の対立
  • 性別と働き
  • 『脳の形成』について
  • 科学による試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然界における両性 : 雌雄の進化と男女の教育論
著作者等 Blackwell, Antoinette Louisa Brown
小川 真里子
飯島 亜衣
Blackwell Antoinette Brown
ブラックウェル アントワネット・ブラウン
書名ヨミ シゼンカイ ニ オケル リョウセイ : シユウ ノ シンカ ト ダンジョ ノ キョウイクロン
書名別名 The sexes throughout nature

Shizenkai ni okeru ryosei
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 936
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.6
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00936-5
NCID BB0216907X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想